学資保険と子供保険の違い

子供が生まれると同時に、よくいろんなところから勧められるのが学資保険です。
近所のおばあさんや銀行などでもよく勧められることが多いです。
勧められることが多くても、意外に理解しきれていない人が多いこともあります。
特に学資保険だけでなく子供保険もあり、何がどう違うのかわからない人も多いのではないでしょうか。
よく耳にすることが多い学資保険と子供保険の違いについて考えたいと思います。

まず学資保険と子供保険は、加入に当たり目的が大きく違います。

学資保険の場合は、将来の教育費を積み立てするのが一番の目的として作られている保険です。
中学・高校・大学といった進学にあわせて、教育費は大きく負担がかかってきます。
そんな時に必要なお金を、子供が小さい時からコツコツと貯めて行くのが学資保険の一番の考えです。
支払われ方は保険会社によって様々です。
学資保険選びのポイントはこちらを参考にしてください。
最も多いのが、中学・高校・大学の入学にあわせて、お祝い一時金として支払われるケースです。
また自分でその時期になったら、支払いを先送りするのが可能な保険会社もあります。

ほかにも最近の学資保険には、子供の怪我や入院に対しても保険料が支払われる場合も多いです。
子供の教育費だけでなく、医療費も確保することができるという物もあります。
学資保険は教育費の貯蓄がメインでもありますが、こういった医療保険も兼ねそろえているものが増えています。
学資保険は、契約者が万が一のことがあり保険料が支払えない場合でも、契約通りの教育費を受け取ることができます。
なので子供だけでなく、契約者に対しての保険の一つとして考える人もいます。
学資保険の申し込みから契約までの流れはこちらを参考にすると良いでしょう。

それに対して子供保険は、子供の身の回りの為に必要な保険として考えられています。
例えば、子供がけがや入院した場合の医療費を確保することが一番の目的です。
他にも子供が、他の子供に怪我をさせてしまった場合などにも備えることができます。
また子供は謝って車に傷をつけたり、物を破損して弁償しなくてはいけない場合に対応した保険もあります。

子供保険の場合は、子供の日々の生活でおきる可能性のある医療・事故に備えた保険だといえます。
子供保険の中には、貯蓄性の高いものもあります。
なので満期の時期を子供の学校の入学にあわせ、教育費を貯蓄する目的で加入する人もいます。

学資保険も子供保険も加入する目的が違ってくれば、保険の内容も違ってくるのも納得いくのでないでしょうか。
どちらが自分にとって重点を置きたいのかによって、選ぶ保険を決めていけばいいでしょう。

ページのトップへ戻る