健康上の問題で学資保険に入れないケース

結婚して、夫婦になり、妊娠して出産することで家族が増えていきます。
そういった人生の節目に、保険を見直す人は多のではないでしょうか。
特に出産に関しては、子供の将来のことを考えて学資保険を検討する人が増えています。
将来かかってくる教育費への不安解消や、少しでも教育費の足しになればと契約する人は多いです。

しかし学資保険も、普通の保険と同じで誰でも入れるというわけではありません。
健康上の問題で、学資保険に入れないケースもあります。
特に学資保険の場合は、子供と契約者の両方が健康状態が良好でなければいけません。
なので、個人で入る保険よりも審査が2人分になるので、厳しくなる場合があります。

一番健康上の問題で多いのが、持病を抱えている場合です。
子供の場合、生まれもって持病を抱えて生まれた場合、加入を断られる場合があります。
お子さんが2歳の時、学資保険に加入しようとした頃、慢性的な中耳炎で薬の服用をしていたため加入できならった事例もあります。
子供は成長とともに、体調を崩しやすかったり、慢性的な持病を抱えることもあります。
なので比較的生まれてすぐに加入される方が、健康診断上の問題をクリアできることが多いです。
また保険料についても、加入時期が遅くなるとその分支払い額が増えていってしまいます。
なので、なるべく早い時期の加入がお勧めです。

また契約者の健康状態に関しても、持病や一年以内に通院記録がある場合などは加入できない場合があります。
保険会社によって、健康状態を確認する方法は様々です。
多くは、一年以内の健康診断の結果通知が必要になります。
会社などで定期的に行っている場合は、そちらを提出します。
無い場合は、健康診断を受け診断書を提出しなくてはいけません。
保険会社によっては、面談や書面の記入だけでも加入できる場合もあります。
こちらのインプラントの保険治療もチェックしてみてください。

また学資保険に関しても、一社で健康上の問題で加入を断られたとしても諦めてはいけません。
他の会社の場合なら、条件付きで加入することができる場合もあります。
なので一括見積もりなどで、色んな保険会社のことを知っておくといいでしょう。
貯蓄型の学資保険は評判がよいです。

ページのトップへ戻る