なぜ学資保険が必要なのか?

結婚して妊娠・出産をすると、必ず周りから保険の勧誘を受けることがあります。
特に学資保険に関しては、小学生以下の子を持つ世帯では約7割近くが加入しています。
さらに加入していない3割のうち2割の人が、加入したかったが時期を逃した、余裕が無く諦めたなどの理由をあげています。
なので、実際加入している人は7割でも、加入の意志がある人は9割近くになります。
学資保険にいつから加入できるかはこちらhttp://www.dateame.com/


それだけ学資保険に対する意識の高さと、必要なのではと考える人が多いということになります。
それではなぜそこまで必要だと感じるのでしょうか?
また、いつ学資保険に申し込むべきなのか?
おそらく学資保険の内容や目的が魅力だからではないでしょうか。
そういった条件が、学資保険を必要とさせるのか調べてみましょう。

まず学資保険が必要だと最も考える要因としてあげられるのが、教育費が確保できるということです。
子供が成長していくにあたって、中学・高校・大学に進学するときに一時的に多くの教育費が必要になります。
特に中学から大学まで私立に進学した場合、およそ2000万もの教育費がかかるといわれています。
これだけの莫大費用を急に用意するのは、不可能です。
だからこそ必要に応じて、計画的に準備をしていかなければいけません。
その計画を助けてくれるのが、学資保険の役割です。

中学・高校・大学の進学するときに一時的に支払われる祝い金を設けているプランなどがあります。
また自分で、いつお祝い金をもらうのか選ぶことができるプランもあります。
学資保険に入ることによって、将来の教育費の人生計画がとてもしやすくなり、安心へとつながります。

学資保険が必要だと感じる大きな理由として、世帯主に万が一のことが起きた時に養育費が確保できるということです。
学資保険の内容によって異なるので、きちんとした確認は必要になります。
しかし、多くの学資保険は、家計の経済を担っている契約者が死亡した場合でも、安心です。
支払っていた場合にもらえる、還付金を同じようにもらうことができます。
世帯主が死亡した場合、日常生活がとても厳しくなり、養育費どころではなくなってしまいます。
そんな時に学資保険に加入していれば、子供の養育費は確保されているので、安心することができます。

学資保険を必要と感じる理由は、主に養育費の確保と万が一の時の養育費の保証があるからだと考えられます。
その他には、還付率が100%以上のところが多いので、普通預金より養育費を貯められるのもメリットです。
また子供の医療保険も付帯していることが多いので、けがなどの医療費にも備えられます。
家族の生活スタイルに合った学資保険についての解説も参考になると思いますので、ご覧ください。

このような様々なメリットから、学資保険の加入を考える人が増えてきているのだといえます。

また資産運用をご検討の方は、株初心者のための銘柄探しの方法や株式ランキングのポイントを押さえて、株式投資を始めることをおすすめします。
ページのトップへ戻る