学資保険のメリット・デメリット

子供が生まれると、色々なところでおすすめされるのが、学資保険です。
ほとんどの保険会社で、学資保険がとり扱われています。
親御さんの多くは、子供には好きなことを金銭的な事情を理由に我慢させたくないと考える人が多いです。
そんな人の為に、計画的に貯蓄できるのが学資保険です。

ただしどんな物でも保険でも、メリット、デメリットはあります。
両方をしっかり理解した上で、納得して加入することが学資保険では重要になります。
また自分の生活スタイルに合った、保険内容を選ぶことも大事です。
学資保険に関しても同じことが言えます。
まずは学資保険のメリットから知って行きましょう。

学資保険の最大のメリットがあります。
それは契約者が万が一、死亡や、重度の障害を抱えてしまった時に、以後の保険料の支払いが免除されることです。
例え保険料が支払わなくても、当初の契約通りのお祝い一時金もしくは、満額保険金が受け取ることができます。

契約者のほとんどは、一家の家計を支えている大黒柱である人が多いです。
そんな人が突然いなくなったり、収入が無くなったら家族は途方に暮れてしまいます。
そういった時に困らないように、お守りのような形で学資保険に加入する人が多いです。
子供の成長にあわせて、必要な時に養育費の足しにできるのはとてもありがたいです。

またもう一つのメリットとしては、確実に養育費としての貯蓄ができるということです。
支払いの方法については、年払い、月々払いがあります。
子供のために貯蓄をと考えていても、急な出費で貯めれない月も出てくることがあります。
また貯めていたお金を、違うものにつかってしまうことも考えられます。
学資保険ならば確実に決まった額を貯めることができます。
自己管理が苦手な方にはお勧めです。

それでは学資保険のデメリットはあるのでしょうか。
学資保険のほとんどが還付率が100%超えるものが多いですが、中には元本割れをする学資保険もあります。
元本割れしてしまう保険の場合は、医療保険が一体化している物が多いです。
貯蓄を目的として学資保険に加入するのであれば、元本割れしてしまうことは大きなデメリットになります。

もう一つは、インフレに弱いという点です。
もしインフレになったとして、子供の教育費が値上がったり、物価の上昇に対して対応ができないということです。
どのように経済が動いたとしても、最終的にもらえる金額が変わることはないということです。

このようなことを理解した上で、家族の生活スタイルに合った学資保険を選んでいくことが大切です。
アフラックやフコク生命などに学資保険の資料請求をして、返戻率や医療保障を比較検討してみることをおすすめします。

他にも人気の学資保険はこちらをご覧ください。
http://cialisonline.hqforums.com/


ページのトップへ戻る