フコク生命 みらいのつばさ ユニークな「兄弟割引」で子どもの多い家族も安心

フコク生命は創業が大正12年で、歴史ある保険会社です。
生命保険会社は今、吸収や合併が増えています。
そんな中でもこれだけの歴史があるということは、多くの方に信頼されている証しの一つでもあります。
そんなフコク生命の学資保険のみらいのつばさは、口コミでも評判の保険内容です。
他の会社にはない兄弟割引制度もあります。

どのような学資保険の内容なのか詳しく調べてみました。
まずフコク生命の学資保険は、貯蓄型の学資保険になります。
なので元本割れする心配はありません。

受け取り方法に関しては、ステップ型とジャンプ型にわかれています。
どちらにしても、満期の設定年齢は22歳になっています。
ステップ型の場合、幼稚園・小学校の進学時に御祝い金として5万円受け取れます。
中学・高校の入学で10万円、大学入学で70万、成人の時に10万、22歳の満期で100万円の受け取りになります。
もしお祝い金を受け取らず、据え置いておくことも可能です。
据え置いたお祝い金は必要に応じて引き出すこともできます。

もう一つは、ジャンプ型です。
負担額が一番大きい大学入学時と満期の時期の二回に分けて受け取ることができます。
200万円コースであれば、100万づつの受け取りになります。
ジャンプ型の方が戻り率も111%とより貯蓄性が高いプランになります。

どちらのプランを選んだとしても、フコク生命ならではの、兄弟割引というユニークな制度があります。
1人目と同様2人目の子供にも同じ条件で、養育費を確保してあげたいと思うのが親心です。
そんな気持ちに少しでも答えてくれるのが、兄弟割引です。

契約者が同一人物であることなどの所定の条件を満たしていれば、兄弟割引が適応されます。
支払い方法が月払いの場合で、満額受け取り金額が10万円につき10円の割引になります。
なので満額受け取りが100万の設定の場合、毎月100円の割引が受けられます。
少ない金額ですが、学資保険の支払い年数は長期間なので一円でも安い方がお得です。

色んな保険会社が学資保険を取り扱っています。
どれを選んだらいいのか迷ってしまいますが、他社との違いは少なからずあります。
何を重視して選ぶかまずはっきりさせることで、どの会社がいいのか判断することができます。

ページのトップへ戻る